戻る

黒板の定期点検・検査をしませんか?

”学校関係者のみなさま、ご存知ですか?黒板は定期点検が必要です”



早めの点検・修理で、故障・事故を未然に防ぎましょう


なぜ検査が必要?

 平成26年12月25日及び、平成27年3月16日に、神奈川県内の公立小学校2校において、
  教室内の「上下可動式黒板」が脱落し、それぞれ児童一名が負傷する事故が発生しました。
 これについて、文部科学省から「※既存学校施設の維持管理について」という事務連絡があり、
  各学校設置者に対して、改めて維持管理の重要性を学校現場と十分に共有すると共に、
  施設の劣化情報等を点検し、必要に応じて適切な措置を講じるよう、求めています。


 参考(概要)
  平塚市役所WEBサイト  /黒板傾倒による負傷事故の発生(平成27年3月16日掲載分)
  相模原市役所WEBサイト/黒板落下による負傷事故の発生について(平成26年12月16日掲載分)

 「黒板の定期検査」
  H22年3月改定の「学校環境衛生基準」の「第2章 学校環境衛生基準 第3」P94
  (6)黒板面の色彩 ①検査回数に「毎学年1回定期に行う」と記載されています。
  参考:文部科学省WEBサイト


お使いの黒板・ホワイトボードにこのような症状はありませんか?

 既存黒板の額縁固定ビス等の緩み・ガタツキ
 ギヤー固定箇所の緩み・ガタツキ
 昇降式黒板のチェーンがスムーズに動作しない
 昇降式黒板のレバーが重く感じる
 板面を昇降すると、音がする
 黒板が光って文字が見えにくい
 板書の際にチョークが滑って書きにくい
 板面の文字が消しにくい(粉が残る)


黒板のどんなところをチェックするの?


故障例

 製品 : アルミ枠スチールグリーン上下黒板(無地)
 現象 : 縦枠と横枠の樹脂ジョイント部分、四隅全てに「割れ」が発生。板面にも劣化が見られる。
 仕様 : 既存のコーナーパーツは古い型のもの。内部に金属製の補強が入っていない。
 原因 : 可動式黒板の為、年数経過の負荷に耐えられなくなったものと思われる。
 判定 : 以上の結果より、既存黒板を取外・再取付、再度利用し続けることは危険な状態。
 処置 : 安全性と操作性を考慮し、①補強材が入ったコーナーパーツの枠への交換、②板面の交換をご提案致します。

また、昇降タイプの黒板の調子が悪くなった際は、
裏面に設置されているUDメカの調整が必要となる場合がございます。

※判定、処置は一例です。場合により方法は異なります。


当社にご相談ください

製品の取付け状況の確認や、「黒板検査色票」・「鏡面光沢度計」・「目視」等で調査致します。
その後、適切な改善方法についてご提案いたします。

● 黒板の取り換え方法 「リボード(貼り増し)」

黒板の取替え方法 リボード(貼り増し)


→ 定期点検のご案内(PDF)
→ リボード(黒板の貼り増し)とは?(PDF)

お申し込みフォーム


お電話でも受け賜っております。お近くの営業所までお問い合わせください。
気になる点は、お気軽にご相談くださいませ。