製品案内

通販ご利用ガイド製品カタログショールーム
戻る

納入事例

東京都
海城学園 高等学校(新宿区)

導入製品 AOI-SPCM-UDS ナノホワイトボード ※低反射 板書・映写兼用ホワイトボード 黒板/ホワイトボード専用 ラインアレイスピーカー 角型 AKS-8ML

設置時期2015年9月

電子黒板の導入で、もっと授業をアクティブに。

▼電子黒板の導入前
電子黒板導入前は、UD(昇降式)黒板を使用されていました。

▼導入製品
● 板書、映写兼用ホワイトボード「映るんボード(ナノホワイト)」(暗線入)を導入。
● 板面サイズはW5400☓H1200。平面ホワイトボード。
● 「SPCM-UDS」は、電子黒板機能付きプロジェクターが左右にスライドし、板面が電動で昇降します。
● 電動のため、W5400と大きい板面を昇降する際にも、負担がありません。

▼選ばれた理由
1) 電子黒板機能付きプロジェクターの活用のため、ホワイトボード化。
2) スクリーンを貼る手間を省くため、映写、板書兼用ホワイトボード「映るんボード(ナノホワイト)」を採用。

▼設置教室
1,2年生の普通教室(16教室)に設置。

▼電子黒板の導入後
板面の使用頻度が非常に高く、イレーザーのトールサイズ(通常サイズの2倍)のご希望がありました。
そこで、新たに自社で開発し、使用していただいております。

■ 先生インタビュー


海城中学高等学校 ICT教育部部長 理科(科学) 平田敬史先生にお話をうかがいました。

Q: 電子黒板導入のきっかけを教えて下さい。
これまでも、授業で数分でも映像を見せたい時には、毎回スクリーンとプロジェクターを教室に持って行っていました。ただ、2,3分のためには準備時間が勿体無い。それで諦めることもできましたが、逆に1時間ずっと使い続けてみようと思いました。そうしたら、映像以外にも、見せたいものやコンテンツはいくらでもあることがわかりました。

また、大学入試改革を機に、学内で「改革特別委員会」が組織されました。大学入試がどのように変わっていくか、情報を集め考える中で、ICTは根幹になる部分だと思いました。授業で、ICTをどのように使っていくかを考えた時に、2020年には、1人1台タブレットを持つと言われていますが、いきなりはできません。そこで、まず教員が慣れ親しんで、授業をすることから始めようと決めたタイミングで、展示会で青井黒板を知り、電子黒板の導入に繋がりました。

Q: 導入後の先生方の反応はいかがですか?
英語科の教員は、YouTubeで、大統領の演説の動画など、ネイティブの人の「生きている英語」をリアルタイムで伝えています。前のようなプロジェクターもネットワークもない授業は考えられない、すごく良いと言っています。

Q: 生徒さんの反応はいかがですか?
ビジュアルで見せられるので、食いつきが良いです。前を向く時間が圧倒的に増えました。化学は、変化を学ぶ学問なので、変化前後の写真を見るだけでなく、変化していく様子も見られるので、理解しやすくなったと言っていますね。でもそれも当たり前の時代が来ますので、次の手を考えないといけないですね。

Q: 導入を検討されている学校様へのメッセージ
電子黒板で何ができるかを先に考えるよりも、何を実現したいかを先にイマジネーションするのが大事です。実際に使ってみないとわからない部分もありますので、まずは使ってみて、その次にどうゆうことができそうか、いろいろな人とよく話して、アイデアを出し合うとおもしろいと思います。
使える機器がないと、試行錯誤もできません。試行錯誤していく内に、アイデアが生まれます。授業はどのようにでも変わります。
電子黒板は、授業準備の時間はかかりますが、見せられるものが増えるので、授業自体はスムーズに進み、そして今まで以上にアクティブになると思います!


■ インタビューはPDFでもご覧いただけます。


社内担当:東京支店(1024)

納入事例一覧へ